お店だけが相場の変化に影響を与えるわけではない


買い取り相場はお店だけで決まるものなのでしょうか。

そこにはお店の所在地である地域性によるものもある程度介入する事になります。例えば、電気店が多く立ち並ぶ関東の秋葉原、関西の日本橋といった電気街、お店の数が多い都心部などはお店ごとの価格の競争が激しく、価格や付加価値の上下が激しいと言えます。

他にも、売る時期によっても価格は変化していきます。例えば、新機種が発売された直後等は新機種の買い取り価格は激しい買い取り競争が繰り広げられます。

また、新機種の登場によって古くなった機種は価格が少しずつ下落していきます。新機種も、発売直後は値段の動きが激しいものと言えますが、発売後ある程度の需要供給が満たされた場合には価格が落ち着いたものになります。

このようにお店やその地域性、時期性によってiPhoneの買い取り価格は様々な変化を見せます。新機種の情報や、店舗の買い取り価格の定期チェックなど価格の変動を察知するのも、iPhone高額買い取りの一つのコツと言えます。

This entry was posted in 買い取り相場も考える. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found